2019年07月27日

インスリンの値段


1型糖尿病にとってインスリンは必要不可欠なものですが、最近よくアメリカで1型糖尿病患者が『インスリンを買うことが出来なくて亡くなった』という記事を目にします。皆んな20代の若者です。アメリカの健康保険のシステムは詳しくないですが、とても悪くて驚くほど高い金額を請求されると聞きました。


50799417_1847814215346754_7706483166655021056_n.jpg

例えば、10mlのノボログ1瓶が10年前は40ドル(約4,300円)だったのに対し、
現在は、300ドル(約32,600円)!!😱😱😱

以前ドイツに住んでいたアメリカ人女性は、ドイツでは同じものが7個買える!と言っています。保険の種類も色々あるみたいですが、ある女性は1瓶に600ドル(約65,000円)払った!インスリンだけで1ヶ月850ドル(約92,400円)かかると言う女性もいました。異常な高さ!


1型糖尿病は一生インスリンが必要、製薬会社にとっては『いい客』ですよね。それなのに、ここまで値段を高くするってどういう事?!『死ね!』と言ってるのと同じでしょう!


🇩🇪 私が現在住んでいるドイツでは毎月の健康保険料はけっこう高いんですが、保険会社がだいぶ負担してくれていて助かっています。

IMG_8205 copy.JPG

●現在使用しているペン型のノボラピッドは、
1箱5本入りが70ユーロ(約8,468円)、私の負担は7ユーロ。

●ノボファイン注射針は1箱100個入りが、
30ユーロ(約3,600円)、私の負担は3ユーロ。

●センサーは、1箱50枚入りが24ユーロ(約2,900円)
3ヶ月毎に8箱をまとめて買うのですが、これの負担はゼロです。

🇬🇧 以前住んでいたイギリスではこれ、全て無料で数の制限もありませんでした。
国営の医療サービスNHSだと医療費は無料、処方された薬は自己負担でした。が、これは親切な薬局のおじさんが教えてくれたのですが、1型だとNHSに登録してカードを手に入れると、薬も無料になるんですよ。こういう事は医師やナースは教えてくれません。自分で色々調べるしかないんです。

一度日本へ緊急で一時帰国した際に、注射針が足りなくなって自己負担で1箱買いましたが、4〜5,000円したかな?


1型糖尿病(中には2型も)なのに、インスリンが買えない、手に入らないなんて、『死刑宣告』されたも同様、本当に恐ろしい話です!

製薬会社の利益のために、若くして亡くなられた方々・・本当にお気の毒です。🙏


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ




posted by Raw Power at 06:00 | Comment(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

7月のHbA1c


4月のHbA1cが6.8%でガッカリしていましたが、


7月は、6.2%! に下がりました!


先生にも褒められたし、とても嬉しかったです!
約4年前にインスリン注射を開始してから、血糖値コントロールが上手く出来ていなかったのですが、糖質制限ダイエットを見直してからは1番低い数値になります。


IMG_8484 copy.JPG

この数ヶ月の目標は6.0%なんですが、中々下げられないです。
何が原因なのか?フルーツがいけないのか?
ヘルシーとはいえ『糖質』には変わりないですからね。
フルーツを食べたい理由は、ビタミン・ミネラル・酵素を摂取するためで、少量を朝のみ食べていますが、特に暑い日にはスイカ、メロン、マンゴーなどジューシーなフルーツは渇きが潤う感じで本当に美味しいし止めるのは難しそう・・・

せめて低糖質なベリー類にするべきかな。

ラズベリー、ブラックベリー、ストロベリーが低糖質トップ3🍓
100g食べた場合、糖質は5g以下だそうです。
しかしベリー類は値段が高くて〜!オーガニックだともっと高い!
糖質10g以下では、スイカ、グレープフルーツ、メロン、チェリーなど。


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ


posted by Raw Power at 06:00 | Comment(0) | 血糖値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

人類は糖質を食べていなかった?


前回、『高糖質+低脂肪』か『低糖質+高脂肪』か?と言う記事を書きました。私は生野菜をたくさん食べる『低糖質+低脂肪』ダイエットを実践中ですが、その理由は単純に、糖質 ➡︎血糖値が上がる ➡︎インスリンの量が増えるから。本当単純です😊


それと、糖質制限食の提唱者、江部康二医師の本
糖質制限 完全ガイド (宝島SUGOI文庫)の中で、




人類の起源から数えると、糖質をほとんど食べていなかった時代が700万年。未精製の穀類(糖質)を食べていたのが1万年。そして精製した穀類を食べるようになったのが300年。人類が糖質を食べてきたのはたったの300年なのです。


◎私たちの体内で血糖値を下げるのは、唯一「インスリン」だけ。

◎血糖値が下がりすぎた場合に血糖値を上げるホルモンは「グルカゴン」「エピネフリン」「副腎皮質ホルモン」など複数ある。



長い歴史の中で血糖が上がる機会がいかに少なかったか、私たちの体は大量の糖質を受け入れるようには出来ていない。


IMG_8538 copy.JPG

体がこのように出来ているなら糖質は大量に食べるべきではないと。
これを読んですんなりと納得できました!


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ


posted by Raw Power at 06:00 | Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

『高糖質+低脂肪』か『低糖質+高脂肪』か?

pasta-salad-horizontal-jpg-1522265695 (1).jpg

『高糖質+低脂肪』で草食ベースのダイエットをしている1型糖尿病のアメリカ人男性の投稿をインスタグラムでよく見るのですが、彼はとにかくフルーツを大量に食べるんですよ!🍎🍊🍌

▶︎彼の現在のHbA1cは5.7%
▶︎1日に計600gもの糖質を食べる
▶︎脂肪は1日に30g以下
▶︎速攻型インスリンは1日に計20単位程度
▶︎持続型インスリンは1日に16単位

最新の投稿は、糖質200g皿いっぱいのマンゴーとイチジクを完食するビデオでした。フルーツはヘルシーだけど、いくらなんでも200gもの糖質を食べたら、その分インスリンも大量に打たなきゃいけないと思うのですが、彼は6.5単位のインスリンで大丈夫だそうです。私だったら20単位は打たないとダメかな。

彼は『血糖値が上がる原因は炭水化物(糖質)ではない!』と言い切っています。✴︎ただし、低脂肪、動物性のものや精製されたものは食べないビーガン・ダイエットが条件!

で、インスリンの効き具合が良くなる = インスリンの量が減る という訳です。

私も100%ビーガンではなかったけど、肉や乳製品は少なく生野菜を沢山食べるダイエットをして、インスリンなしでHbA1cを5.4%まで下げた事がありますが、フルーツは朝のみで少量でしたよ。単純に、そこまで大量のフルーツを食べないでもっと生野菜を食べたら、インスリンの量もごく僅かで済むんじゃないかと思うんですが・・・何故あんなに大量のフルーツを食べるのか??🍉🍍

Myths-About-the-Keto-Diet-That-Should-Stop-Believing-722x406.jpg

逆に『ケトジェニック』と呼ばれる『低糖質+高脂肪』肉食ベースのダイエットは、肉類は糖質がないので痩せる方も多いそうですが、投稿された食事の写真を見ると、
茶色ばっかり!緑の生野菜の写真がない!(もちろん野菜も沢山食べている人もいますよ)肉、ベーコン、ソーセージ、チーズ、卵が多く、血糖値には影響はないのかもしれないけど、私には健康的には見えないダイエットです。よく糖質制限ダイエットは、心臓疾患の原因となり寿命が短くなると聞きますが、あれは肉類が多くバランスが悪いのではないかと思います。


現在の私は肉や魚、乳製品も食べますが、グリーンスムージーやサラダで生野菜を沢山食べるようにしています。特に毎日食べる野菜はなるべくオーガニックを買い、ベーコンやソーセージなどの加工食品はなるべく避けています。もちろんご飯、パン、パスタ、麺類など、精製された炭水化物も避けています。外食はあまりしませんが、たま〜にジャンクフードも食べますよ。🍕🍟

4月のHbA1cは6.8%という残念な結果でしたが、
普段は、速攻型インスリンは1日に少ない時は計5単位、多い時でも10単位以上になることはないです。持続型インスリンは6単位です 💉💉
たくさん歩くと血糖値が下がるので、バスなどには乗らず歩くようにしています。


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ


posted by Raw Power at 06:00 | Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

4月までのHbA1c


今年初!の更新になります。


話は冬に戻りますが、1月のHbA1cは、6.3%で去年10月と同じ結果でした。

そして4月ですが、なんと6.8%!に上がってしまいました!

なかなか目標の6.0%まで下げられない・・・・・😞


IMG_8451 copy.JPG

以前住んでいたロンドンからたくさん貰ってきたノヴォラピッドが全て3月で期限が切れてしまったので、最後の方はインスリンの効きが良くなかったのかも?普通の冷蔵庫で正しい温度で長期保存するのは中々難しいものです。💉💉💉

それと時々ありますよね、『毎日毎日毎日毎日、起きてから寝るまで、血糖値を測定し、食べる糖質の量から打つインスリンの量を計算をし、食前と就寝前にインスリンを打つ、低血糖だったら糖質を摂取、高めだったら更にインスリンを打つ』この繰り返しに嫌気がさすこと😱 そういう理由もあったのかもしれません。


担当医との予約、次回は来週です。


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ

posted by Raw Power at 23:23 | Comment(0) | 血糖値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする