2011年06月09日

低GI値&ロー・ビーガン食品T

logo2-2007.jpg

ガブリエル・カズンズ医師が、彼の著書などで糖尿病患者に提案している低GI食品。2型の人には、約3〜6ヶ月間は空腹時血糖値が85かそれ以下に安定するまでフルーツは避け、以下のPhase1の食品を食べるようにアドバイスしています。

Phase1
*野菜(加熱した人参とビート以外)
*発芽野菜
*緑の葉野菜
*グリーン・ジュース&スムージー
*海藻類
*甘くないフルーツ(トマト、キュウリ、赤ピーマン、レモン、ライム)
*脂肪・オイル(アボカド、ヘンプ・オイル/シード/パウダー、
 オリーブ&オリーブ・オイル、ごま油、パンプキン・オイル、アーモンド・オイル、
 フラックス・シード、ナッツ&シード)
*スーパー・フード
*藻類、グリーン・パウダー、スピルリーナ、クロレラ、ノニ、
 マンゴスティーン・エキス、ウィートグラス・ジュース
*発酵食品
*培養したシード・ミルク&チーズ
*ザワークラウト、アップルサイダー・ビネガー
*大豆不使用の味噌
*甘味料(ステビア、キシリトール)
*豆類
*カフェインフリーのお茶、ハーブティー
*ハーブ&スパイス
*サプリメント(医療用マッシュルームエキス、酵素、イオンミネラル、ビタミンCなど)
*ヒマラヤ・ソルト、ケルティック・ソルト


Phase1.5
*野菜(生の人参、ビート)
*フルーツ(グレープフルーツ、ラズベリー、ブルーベリー、
 イチゴ、チェリー、クランベリー)
*調味料&甘味料(メスキート、ローキャロブ、カカオオイル・バター、
 ざくろ、クコの実、ビー・ポーレン、マカ)
*穀物(キノア、そば粉、きび、アマランス、スペルト、カムート)
*発酵食品
*培養したココナツの果肉
*グレープフルーツジュース(半分は水で薄める)

どうしてもフルーツが食べたい時は、Phase1.5内の糖分少な目のベリー類を。
もちろん、動物性、加工食品はいっさいなし!


にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ
ローフード情報満載!




posted by Raw Power at 20:19 | Comment(0) | ローフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。