2011年07月26日

1型糖尿病のバーンスタイン医師

diabetes solution.jpg

糖質制限食を提唱するアメリカ人のリチャード・K・バーンスタイン医師は、1946年、彼自身が12歳の時に1型糖尿病を発症しました。それ以来20年あまりは医者の言うことに従っていた「ごく普通の糖尿病患者」でしたが、合併症が進んでいき、35才頃すでに糖尿病腎症の初期段階にまでなっていました。

1969年、血糖値自己測定器は病院で緊急時のみに使われており、医師の資格がないと購入できないものでしたが、彼は担当医に頼んで当時650ドルで購入し、血糖測定をしながら食事療法を研究し、徹底した糖質制限食を開始。蛋白尿が出現する段階の顕性腎症前期から、糖質制限食で回復しタンパク尿消失!

45歳で医学部に入学、49歳で医師になり、糖尿病を徹底的に研究。
現在74歳、糖尿病合併症もなく、現役医師として元気に過ごしているそうです。


彼はもうインスリン分泌がないそうですが、インスリンや糖質制限食などで、上手く血糖値をコントロールしているんですね。彼の著書はぜひ読んでみようと思います。

欧米では特に1型糖尿病に関しては、糖質管理食はすっかり定着していますが、残念ながら日本では、糖質管理食でさえも実施している医療機関は、少ないそうです。

「糖尿病は何でも食べていい!」と言った私の最初の担当医みたいな医者がたくさんいるのかしら?食事で改善されてしまったら、医者、病院、製薬会社が儲からなくなるからねぇ・・・


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ







posted by Raw Power at 20:50 | Comment(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。