2018年08月10日

ドイツ式「カルテスエッセン」で熱波を乗り越える!

b7fce24edeb349408f4bb87c72689922.jpg
*Google image より

ドイツでは「カルテスエッセン」=冷たい食事という意味の、火を使わなくて済む、ハム、チーズ、ちょっとした野菜やパンなどで簡単に食事を済ませる人が多いそうです。家事の負担を軽くして夜の時間をゆっくりと過ごすためでもあるそうです。📚☕️

熱波のベルリン🔥🔥、昨日は37℃まで上がり、今日も35℃。冷房ないので本当にぐったりでした!が、先ほどついに!雷雨が来てやっと涼しくなりホッとしています。

IMG_7445 copy.JPG

私も暑さが続く今年の夏は、火を使わない食事「カルテスエッセン」で済ませることが多いです。ツナマヨと切った野菜だけ↑

ハムや缶詰のツナなどは、加工食品なので出来れば頻繁に食べたくないのだけど、なるべく料理したくないし、もうどうでもよくて😅さっきも瓶詰めのピクルス、ザワークラウトやひよこ豆、切ったトマトやキュウリ、ハムなんかで済ませました。

IMG_7276 copy.JPG
料理をする気力がある時は、卵を茹でたり〜(火を使ったらカルテスエッセンとは言わないけど)

IMG_7508 copy.JPG
海苔で巻いて和風に。

ドイツ式のカルテスエッセンは、パンを食べなければ立派な糖質制限食と言えます。

暑い時はこんな感じで簡単でいいのだけれど、聞くところによると、ドイツ人は冬場でも毎日のように質素にこんな食事をしているそうです。う〜〜ん、冬はいくらなんでも寂しいですよねえ。温かいスープとか煮込み料理とか食べたくならないのかしら?🍲


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ





posted by Raw Power at 10:00 | Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。