2019年07月16日

『高糖質+低脂肪』か『低糖質+高脂肪』か?

pasta-salad-horizontal-jpg-1522265695 (1).jpg

『高糖質+低脂肪』で草食ベースのダイエットをしている1型糖尿病のアメリカ人男性の投稿をインスタグラムでよく見るのですが、彼はとにかくフルーツを大量に食べるんですよ!🍎🍊🍌

▶︎彼の現在のHbA1cは5.7%
▶︎1日に計600gもの糖質を食べる
▶︎脂肪は1日に30g以下
▶︎速攻型インスリンは1日に計20単位程度
▶︎持続型インスリンは1日に16単位

最新の投稿は、糖質200g皿いっぱいのマンゴーとイチジクを完食するビデオでした。フルーツはヘルシーだけど、いくらなんでも200gもの糖質を食べたら、その分インスリンも大量に打たなきゃいけないと思うのですが、彼は6.5単位のインスリンで大丈夫だそうです。私だったら20単位は打たないとダメかな。

彼は『血糖値が上がる原因は炭水化物(糖質)ではない!』と言い切っています。✴︎ただし、低脂肪、動物性のものや精製されたものは食べないビーガン・ダイエットが条件!

で、インスリンの効き具合が良くなる = インスリンの量が減る という訳です。

私も100%ビーガンではなかったけど、肉や乳製品は少なく生野菜を沢山食べるダイエットをして、インスリンなしでHbA1cを5.4%まで下げた事がありますが、フルーツは朝のみで少量でしたよ。単純に、そこまで大量のフルーツを食べないでもっと生野菜を食べたら、インスリンの量もごく僅かで済むんじゃないかと思うんですが・・・何故あんなに大量のフルーツを食べるのか??🍉🍍

Myths-About-the-Keto-Diet-That-Should-Stop-Believing-722x406.jpg

逆に『ケトジェニック』と呼ばれる『低糖質+高脂肪』肉食ベースのダイエットは、肉類は糖質がないので痩せる方も多いそうですが、投稿された食事の写真を見ると、
茶色ばっかり!緑の生野菜の写真がない!(もちろん野菜も沢山食べている人もいますよ)肉、ベーコン、ソーセージ、チーズ、卵が多く、血糖値には影響はないのかもしれないけど、私には健康的には見えないダイエットです。よく糖質制限ダイエットは、心臓疾患の原因となり寿命が短くなると聞きますが、あれは肉類が多くバランスが悪いのではないかと思います。


現在の私は肉や魚、乳製品も食べますが、グリーンスムージーやサラダで生野菜を沢山食べるようにしています。特に毎日食べる野菜はなるべくオーガニックを買い、ベーコンやソーセージなどの加工食品はなるべく避けています。もちろんご飯、パン、パスタ、麺類など、精製された炭水化物も避けています。外食はあまりしませんが、たま〜にジャンクフードも食べますよ。🍕🍟

4月のHbA1cは6.8%という残念な結果でしたが、
普段は、速攻型インスリンは1日に少ない時は計5単位、多い時でも10単位以上になることはないです。持続型インスリンは6単位です 💉💉
たくさん歩くと血糖値が下がるので、バスなどには乗らず歩くようにしています。


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ




posted by Raw Power at 06:00 | Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。