2019年08月22日

バーンスタイン医師の糖尿病の解決

IMG_8956 copy.JPG

🇺🇸 Dr. Bernstein's Diabetes Solution: The Complete Guide to Achieving Normal Blood Sugars (English Edition)

🇯🇵 バーンスタイン医師の糖尿病の解決―正常血糖値を得るための完全ガイド


この本、確か8年ほど前、まだインスリンを打っていなかった頃に一度だけ読んだっきり・・・😅 徹底した糖質制限ダイエットとインスリンの効果的な使い方などが書かれています。欧米の1型患者の間でHbA1cを正常値、1日の血糖値をアップ&ダウンなくキープしている人たちは、この本を読んで参考にしている人が多いんです。

現在85歳!
➡︎1型糖尿病のバーンスタイン医師

私は約4年前からインスリンを打ち始めて、最近まで血糖値のコントロールが上手く出来ていなかったのですが、これからインスリン分泌もなくなっていくのだろうし、再度読み直して参考にして行こうと思います。

maxresdefault.jpg
1型糖尿病のリチャード・バーンスタイン医師


バーンスタイン医師の『避けるべき食品』リストを簡単に紹介します。

お菓子と甘味料
●ステビア以外の粉末甘味料
●糖質オフのものを含むキャンディ
●ハチミツと果糖
●デザート、ペストリー、ケーキ、クッキー、パイ、タルトなど
●デキストロース、グルコース、乳糖、マンニトール、マンノース、ソルビトール、スクロース、キシリトール、キシロース、コーンシロップ、糖蜜が含まれている食品

甘みのある/でんぷん質の野菜
●豆類(チリビーンズ、ひよこ豆、ライ豆、レンズ豆、えんどう豆)さやえんどうや大豆製品はOK。
●ビーツ
●人参
●コーン
●玉ねぎ(少量ならOK)
●パースニップ
●じゃがいも
●トマトペースト、トマトソース(少量の生のトマトはOK)
●カボチャ

フルーツとジュース
●アボカドを除く全てのフルーツ
●トマトジュースと野菜ジュースを含む全てのジュース

乳製品
●牛乳
●砂糖入りと低脂肪のヨーグルト
●カッテージチーズ(少量ならOK)
●コーヒーに入れる代用乳やクリーミングパウダー

穀類/穀類製品
●小麦、ライ麦、大麦、コーン
●白米、玄米、ワイルドライス
●パスタ
●コーンフレーク
●パンケーキ、ワッフル
●パン、クラッカー、小麦粉製品

出来合いの食品
●缶スープ
●「健康食品」として売られている出来合いの食品
●ポテトチップスなどのスナック菓子
●バルサミコビネガー


アボカドを除く全てのフルーツがダメというのは厳しい!徹底した糖質制限です。その代わり肉類はいくら食べてもOKみたいですね。個人的には加工肉のベーコンやソーセージはなるべく食べないようにしていますが、バーンスタイン医師は『加工食品』についてはあまり気にしないのかな?現在何と85歳!血糖値さえ上手くコントロールしていれば、合併症もなく長生き出来るのかも?💪💪


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ




posted by Raw Power at 03:00 | Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。