2019年10月03日

1型糖尿病と摂食障害

先日、2年前に英BBCが制作した30分ドキュメンタリー『Diabulimia: The World's Most Dangerous Eating Disorder』(ダイアブリミア:世界一危険な摂食障害)を観ました。

Diabulimia(ダイアブリミア)は、Diabetes(糖尿病)とBulimia(過食症)を組み合わせた造語で、摂食障害で1型糖尿病でもある人がインスリンの副作用で太るのを避ける為に、故意にインスリンの量を減らす、または全く打たないでいること。 💉💉

イギリスには40万人の1型糖尿病患者がいるそうですが、10代や20代の若者の3分の1が痩せるためにインスリンの量を減らしているか、全く打たないでいる。また、60%の女性は25歳までに摂食障害を経験すると言われています。





ざっと紹介すると、

ジェマ 22歳 1型糖尿病を12歳で発症 5歳の娘がいる
食欲異常と診断されていて、大量に食べた後に吐き出す、またはインスリン注射を拒否。健康に危険があるとして入院させられ監視がついている。満員でしばらく入院待ちをしていた摂食障害病棟に空きが出たので糖尿病病棟から移り治療中。


ナビーラ 21歳 1型糖尿病を16歳で発症
視力の低下、足や指先に痛み、腎臓にも痛みが出始めている。彼女はインスリンを打っていないことを両親に言っていなかったが、最大で2週間もインスリンを打たなかったと告白している。イギリスで唯一この病気についてサポートするチャリティー団体による、ダイブリミアから回復した女性とのミートアップに参加する。他の人には理解出来ないこの病気を経験した人と会えて良かったと言っている。


ベッキー 27歳 1型糖尿病を19歳で発症
ダイブリミアで16ヶ月間入院していた。食べたらインスリンを打たなくてはいけないのがどうしても嫌だった。食べることが出来ないため鼻にチューブが入ったガリガリに痩せていた当時の写真も見せている。彼女が杖をついているのはインスリン注射をせずにいた結果、足の骨にダメージを受けてしまった。『朝目覚めてすぐに血糖値測定をしなくてはならない、休日なんてないの。血糖値の数値と更には摂食障害もあってそれで頭がいっぱいだった』と言っている。現在は体重も戻りジムにも通ってとても健康的に見え、ダイブリミアから回復した良い例だ。


この他にも『インスリンを打たなくてはいけないのは分かっているけど、痩せることの方が重要だと言うもう1つの声がささやくのよ』とインタビューに答えた若い女性、ダイブリミアによって27歳の妹を亡くした女性は『もっと早くこのことを知っていたら』と悲しんでいました。

ダイブリミアについてまだ広く知られていないため、正しい治療を待っている間に亡くなってしまった人もいたそうです。


摂取障害はとても難しい心の問題で、こう簡単に言うのは間違っているかもしれませんが、減量に成功した例もたくさんあるし、インスリンの量も減らせるので、糖質制限ダイエットを試してみたらいいのになと思いました。とにかく体重よりも命が大事!正しい治療を受けて回復して欲しいと思います。


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ




posted by Raw Power at 03:03 | Comment(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。