2019年11月01日

糖質オフと人工甘味料

SNSを見ていると、最近は糖質制限ダイエットが大流行りしているようです。目的は体重を減らしたり、糖尿病など健康上の問題であることが多いです。過去記事にも書きましたが、欧米の方の糖質制限食は血糖値には影響がないものの、生野菜が少なく、ベーコンなどの加工肉食品やこってりしたものが多く、全体的に茶色!何だか他の健康問題が出てきそうです。

日本では今やコンビニでも『糖質オフ』のものが売られているそうで、糖尿病の私たちには何ともありがたい!と思いたいところですが、私にはこの『糖質オフ』は血糖値を上げる糖質が少ないとはいえ、複数の添加物やらよく意味のわからない成分が入っているのが疑問です。が、自然成分のみで製造された商品は高いんですよね〜😓

Erythritol-Background.jpg


人工甘味料なら砂糖より吸収速度が遅いため、血糖値の急上昇はないと言われていますが、実際のところ血糖値の上昇はみられるという話も聞くのと、人体への悪影響があるとも言われているため『糖質オフ』製品は私はあまり買おうと思いません。

例えば糖アルコールであるキシリトールは、もともとは白樺や樫の木から抽出されるものが、現在ではコストを下げるためにトウモロコシのデンプンから作られており、原材料のトウモロコシは遺伝子組み換え不分別のものが使用されているとか。

スクラロースは天然には存在しないハロゲン化合物。全く同じ物質ではないものの、難分解性有機ハロゲン物質であるダイオキシンやトリハロメタン、PCB(ポリ塩化ビフェニル)、DDTなどと分子構造が類似しており、発ガン性のある農薬(トリハロメタンを除く)であり、すべて内分泌攪乱物質(環境ホルモン)として有名だそうです。

アスパルテームの悪影響は、脳機能の阻害、免疫力の低下、内臓機能の異常、生殖器機能の異常、鬱病、認知症などなど。

長期的に行った研究結果や人間が摂取しても安全だというデータも実は少ないそうなので、はっきりと分かっていないものは体内に入れないのが良いと思います。だいたい大企業がする実験って、ラットに90日間与え続けたが異常なし!だけど、それが1年、5年と長期的になる研究結果が少なく、安全性に保証はないと言えます。たま〜になら私もコカーコーラ・ゼロなど飲むこともありますが、ちょっとなら大丈夫だろうと毎日飲んだり食べたりはしていません。

download.png


以前GI値がゼロと言われるステビアを使っていたことがありますが、味にクセがあってどうも好きになれなくて止めちゃいました。日本ではラカントが有名ですよね。ラカントの主成分はエリトリトール。このエリトリトールは、血糖値の上昇もなく、副作用など危険性もないと言われているので、どうしても甘いものが食べたい時は、これを利用しようと思います。

しかし、甘い味というのはクセになって、もっともっと欲しくなるという依存性があるので、最小限に留めて、とにかく甘いものや糖質が多いものは買わない!家に置いておかない!に限ります!🚫🍰🍪

砂糖って、食べ物をさらに美味しくする、美味しく感じるようにすることが出来るため、あらゆる食品に入っているんですよ。企業は私たちを中毒にしてもっと買わせようって魂胆ですからね。


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ




posted by Raw Power at 03:03 | Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

バーンスタイン医師の糖尿病の解決

IMG_8956 copy.JPG

🇺🇸 Dr. Bernstein's Diabetes Solution: The Complete Guide to Achieving Normal Blood Sugars (English Edition)

🇯🇵 バーンスタイン医師の糖尿病の解決―正常血糖値を得るための完全ガイド


この本、確か8年ほど前、まだインスリンを打っていなかった頃に一度だけ読んだっきり・・・😅 徹底した糖質制限ダイエットとインスリンの効果的な使い方などが書かれています。欧米の1型患者の間でHbA1cを正常値、1日の血糖値をアップ&ダウンなくキープしている人たちは、この本を読んで参考にしている人が多いんです。

現在85歳!
➡︎1型糖尿病のバーンスタイン医師

私は約4年前からインスリンを打ち始めて、最近まで血糖値のコントロールが上手く出来ていなかったのですが、これからインスリン分泌もなくなっていくのだろうし、再度読み直して参考にして行こうと思います。

maxresdefault.jpg
1型糖尿病のリチャード・バーンスタイン医師


バーンスタイン医師の『避けるべき食品』リストを簡単に紹介します。

お菓子と甘味料
●ステビア以外の粉末甘味料
●糖質オフのものを含むキャンディ
●ハチミツと果糖
●デザート、ペストリー、ケーキ、クッキー、パイ、タルトなど
●デキストロース、グルコース、乳糖、マンニトール、マンノース、ソルビトール、スクロース、キシリトール、キシロース、コーンシロップ、糖蜜が含まれている食品

甘みのある/でんぷん質の野菜
●豆類(チリビーンズ、ひよこ豆、ライ豆、レンズ豆、えんどう豆)さやえんどうや大豆製品はOK。
●ビーツ
●人参
●コーン
●玉ねぎ(少量ならOK)
●パースニップ
●じゃがいも
●トマトペースト、トマトソース(少量の生のトマトはOK)
●カボチャ

フルーツとジュース
●アボカドを除く全てのフルーツ
●トマトジュースと野菜ジュースを含む全てのジュース

乳製品
●牛乳
●砂糖入りと低脂肪のヨーグルト
●カッテージチーズ(少量ならOK)
●コーヒーに入れる代用乳やクリーミングパウダー

穀類/穀類製品
●小麦、ライ麦、大麦、コーン
●白米、玄米、ワイルドライス
●パスタ
●コーンフレーク
●パンケーキ、ワッフル
●パン、クラッカー、小麦粉製品

出来合いの食品
●缶スープ
●「健康食品」として売られている出来合いの食品
●ポテトチップスなどのスナック菓子
●バルサミコビネガー


アボカドを除く全てのフルーツがダメというのは厳しい!徹底した糖質制限です。その代わり肉類はいくら食べてもOKみたいですね。個人的には加工肉のベーコンやソーセージはなるべく食べないようにしていますが、バーンスタイン医師は『加工食品』についてはあまり気にしないのかな?現在何と85歳!血糖値さえ上手くコントロールしていれば、合併症もなく長生き出来るのかも?💪💪


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ


posted by Raw Power at 03:00 | Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

人類は糖質を食べていなかった?


前回、『高糖質+低脂肪』か『低糖質+高脂肪』か?と言う記事を書きました。私は生野菜をたくさん食べる『低糖質+低脂肪』ダイエットを実践中ですが、その理由は単純に、糖質 ➡︎血糖値が上がる ➡︎インスリンの量が増えるから。本当単純です😊


それと、糖質制限食の提唱者、江部康二医師の本
糖質制限 完全ガイド (宝島SUGOI文庫)の中で、




人類の起源から数えると、糖質をほとんど食べていなかった時代が700万年。未精製の穀類(糖質)を食べていたのが1万年。そして精製した穀類を食べるようになったのが300年。人類が糖質を食べてきたのはたったの300年なのです。


◎私たちの体内で血糖値を下げるのは、唯一「インスリン」だけ。

◎血糖値が下がりすぎた場合に血糖値を上げるホルモンは「グルカゴン」「エピネフリン」「副腎皮質ホルモン」など複数ある。



長い歴史の中で血糖が上がる機会がいかに少なかったか、私たちの体は大量の糖質を受け入れるようには出来ていない。


IMG_8538 copy.JPG

体がこのように出来ているなら糖質は大量に食べるべきではないと。
これを読んですんなりと納得できました!


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ


posted by Raw Power at 06:00 | Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

『高糖質+低脂肪』か『低糖質+高脂肪』か?

pasta-salad-horizontal-jpg-1522265695 (1).jpg

『高糖質+低脂肪』で草食ベースのダイエットをしている1型糖尿病のアメリカ人男性の投稿をインスタグラムでよく見るのですが、彼はとにかくフルーツを大量に食べるんですよ!🍎🍊🍌

▶︎彼の現在のHbA1cは5.7%
▶︎1日に計600gもの糖質を食べる
▶︎脂肪は1日に30g以下
▶︎速攻型インスリンは1日に計20単位程度
▶︎持続型インスリンは1日に16単位

最新の投稿は、糖質200g皿いっぱいのマンゴーとイチジクを完食するビデオでした。フルーツはヘルシーだけど、いくらなんでも200gもの糖質を食べたら、その分インスリンも大量に打たなきゃいけないと思うのですが、彼は6.5単位のインスリンで大丈夫だそうです。私だったら20単位は打たないとダメかな。

彼は『血糖値が上がる原因は炭水化物(糖質)ではない!』と言い切っています。✴︎ただし、低脂肪、動物性のものや精製されたものは食べないビーガン・ダイエットが条件!

で、インスリンの効き具合が良くなる = インスリンの量が減る という訳です。

私も100%ビーガンではなかったけど、肉や乳製品は少なく生野菜を沢山食べるダイエットをして、インスリンなしでHbA1cを5.4%まで下げた事がありますが、フルーツは朝のみで少量でしたよ。単純に、そこまで大量のフルーツを食べないでもっと生野菜を食べたら、インスリンの量もごく僅かで済むんじゃないかと思うんですが・・・何故あんなに大量のフルーツを食べるのか??🍉🍍

Myths-About-the-Keto-Diet-That-Should-Stop-Believing-722x406.jpg

逆に『ケトジェニック』と呼ばれる『低糖質+高脂肪』肉食ベースのダイエットは、肉類は糖質がないので痩せる方も多いそうですが、投稿された食事の写真を見ると、
茶色ばっかり!緑の生野菜の写真がない!(もちろん野菜も沢山食べている人もいますよ)肉、ベーコン、ソーセージ、チーズ、卵が多く、血糖値には影響はないのかもしれないけど、私には健康的には見えないダイエットです。よく糖質制限ダイエットは、心臓疾患の原因となり寿命が短くなると聞きますが、あれは肉類が多くバランスが悪いのではないかと思います。


現在の私は肉や魚、乳製品も食べますが、グリーンスムージーやサラダで生野菜を沢山食べるようにしています。特に毎日食べる野菜はなるべくオーガニックを買い、ベーコンやソーセージなどの加工食品はなるべく避けています。もちろんご飯、パン、パスタ、麺類など、精製された炭水化物も避けています。外食はあまりしませんが、たま〜にジャンクフードも食べますよ。🍕🍟

4月のHbA1cは6.8%という残念な結果でしたが、
普段は、速攻型インスリンは1日に少ない時は計5単位、多い時でも10単位以上になることはないです。持続型インスリンは6単位です 💉💉
たくさん歩くと血糖値が下がるので、バスなどには乗らず歩くようにしています。


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ


posted by Raw Power at 06:00 | Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

私が食べている低糖質スナック

食事は主食を抜いた糖質制限食。スナック菓子ももちろん低糖質のものを選んで食べています。日本では糖質オフの食品やお菓子がたくさん売られているそうですが、ドイツではそんなものないですね〜😓 最近はヴィーガンやグルテンフリーの食品は普通になってきましたが、糖質オフ/低糖質はまだまだです。

IMG_7304 copy.JPG

ナッツは糖尿病を発症してからよく食べるようになりました。カロリーを気にする人が多いようですが、良質な脂質なので気にせずボリボリと食べています。最近よく食べているブラジルナッツは100gで糖質3.6g、クルミは糖質3.7g。
🌰🌰


IMG_7198.JPG

低糖質のダークチョコレートは、最初はカカオ70〜80%ぐらいのものを食べていましたが、今は85〜90%に落ち着いていて、85%以下は甘いと感じるのでもう買っていません🍫 カカオ90%は100gで糖質14gなので、2切れ程度食べるなら糖質は約3g。だけど、ダークチョコレートって何故かナッツ入りだとか○○味のものがない!やっぱり飽きてくるので、ナッツ、ココナッツチップス、ピーナッツバターなどと一緒に食べることもあります。

IMG_7930 copy.JPG
ココナッツチップス 糖質は100g(1袋)で8.2g

IMG_8170 copy.JPG
もちろん砂糖は入っていないピーナッツバター 糖質は100gで12g。

いつもこればっかりでは飽きてくるので、最近は低糖質のプロテインバーをいくつか試してみました。しかし・・どれもマズイ!!😣 何がマズイのか知らないけど、私は人工甘味料のキシリトールやスクラロースなどの糖アルコールの味がダメなようです。変な味しますよねえ〜 実は血糖値の上昇が見られるとか、原材料のトウモロコシは遺伝子組み換え不分別のものが使用されているなど、そういう話を聞くので避けています。
IMG_8092 copy.JPG
⬆︎これはブラウンシュガー使用。「美味しい!」とは言えないけど、普通に食べれる味。小腹が空いた時に半分(糖質6g)食べます。


時々気が向いた時にはチアシード・プディングなどを作ってみます。

17578042_10210315846546610_59086575_n copy.jpg

チアシードは、食物繊維、カルシウム、オメガ3、たんぱく質、マグネシウムなどが豊富に含まれているスーパーフード 💪💪 糖質はスプーン2杯で約6g。これこそ『ヘルシー』なおやつですよね。


にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ



posted by Raw Power at 06:00 | Comment(0) | 糖質制限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする